遠距離ポスター

感想とか置き場

秋公演『メアリー・ジェーン』DVD 感想〈前編〉

※この記事は架空のDVDの感想を述べています。嘘とネタバレしかないのでご注意ください!

 

 

 

 

みんな集まれ〜!!!

DVDが出たよーーー!!!!!

 

 

お久しぶりです、こんにちは!今このブログを書いてるのは5月12日です。このブログを読みにきて頂いた方にはお分かりかと思いますが…………

ユニヴェール歌劇学校クォーツ秋公演

『メアリー・ジェーン』DVDの発売日です〜!!!!

f:id:mik_0809388:20210408063804j:image

おめでとう&ありがとうございます〜!!!!!


まさか!こんな日が来るなんて………………!

ユニヴェール運営には色々言いたいことがありましたがもう全部チャラです。ありがとうユニヴェール😭😭😭!!!

新人公演を控えたこの時期にとんだ爆弾ですよ…………。ていうか、秋公演が映像化するってことは冬公演もユニヴェール公演も期待していいってことですよね!?シシアとクロウリーが何回でも見れるなんて幸せすぎる……。あっでも秋公演からって中途半端だしさらに遡って去年の新人公演から売るわけにはいかないですか(強欲)…………?夏休みあたりで辞めちゃった子何人かいるのでそれは難しいですかね…。

 

キャプチャ画像を引用元を載せればOKということなので喜んで貼らせて頂きます☺️ユニヴェール急に規制緩めすぎでは!?と思ったんですけど、やっぱり今年度運営理事の人事交代があったの関係あるんですかね……。トップ3人がごっそり抜けて玉阪座に動いたのが原因でしょうか。

 

ユニヴェールが当代派閥と理事会派閥でバチってるのは水面下でずっと言われてますけど、メディア露出が増えるなら私は当代派です笑!一昨年から公式インスタとか公式ツイッターが稼働し始めたのも当代のおかげですよね?多分。

当代がクォーツにスペオキがいるから贔屓しすぎって理事会派閥から言われてるのも知ってるんですけど、私はそんなことはないと思ってるので😌!これからの当代の改革(あるか分かんないけど)に期待してます。

頼んだよ~秋吏~~!!!次はぜひ配信のお恵みを!

 

  • 製品情報

f:id:mik_0809388:20210516104045j:image

初回限定版 Blu-ray 8000円/DVD 6500円

通常版   Blu-ray 7000円/DVD 5500円

4形態での販売です。

初回限定版は予約売り切れだったので店頭でももう売ってないみたいです。メルカリとかにすごい高額で出品されてしまっているので、再受注販売あるといいですね…………。転売・ダメ・ゼッタイ!

 

収録内容は結構盛り沢山でなのでスクショ貼らせてもらいます。

まずは初回限定版↓

f:id:mik_0809388:20210515072424j:image

f:id:mik_0809388:20210505185133j:image


ジャケットまじで最高ですね…………!メインビジュアルそのままかと思ってたらまさかの撮り下ろしだったのでジャケ写解禁したときひっくり返りました。メアリーのドアップやばい!このレベルの接写なんてものともしない更文くんの顔面力すごいです。炎の奥にいるかりうどコンビも素敵。

 

ブックレットは全64Pでかなり分厚いものでした!稽古中の写真からクォーツ生同士で取り合いっこしたもの、自撮りや舞台写真など盛り沢山です。特に世長くんと立花くんの仲良しショットや白田くんの歌練習隠し撮り(by根地くん)がお気に入りです可愛い~~~!あと、鳳くんのSnow自撮り……。うさ耳京士可愛すぎる……。多分織巻くんにやらされたっぽいですけど(隣に織巻くんとの写真もあったので)たまにインスタとかでも見られる通り結構ノリが良いんですかね!かわいかったです! DISCの表面のロゴもかっこいいです。

 


通常版はこちら↓

f:id:mik_0809388:20210515072431j:image

f:id:mik_0809388:20210505185152j:image

ジャケットはこれまた撮り下ろしのビジュアルですね!荘厳な教会にたたずむゴーストたちが最高にカッコいいです。ポスターは公演ポスターにも使われていたメインビジュアルと同じです。

 

  • 店舗特典

これにプラス、店舗特典もありました!至れり尽くせりですね……!通常版にはまだ特典付くみたいなので各店舗のオンラインストアから見てみてください。以下特典内容とURLです!

 

今回は奮発して4種集めましたが毎回はキツイかな…………。お財布と相談しながらやっていきたいです。
シリアル動画は全部共通なので、他クラスのDVDは取り敢えず初回だけ買いました。またそちらの感想も書きたいと思います。

 

 

  • 本編映像

秋公演はチケットが取れなかったので本編初見です!DVDだと見返せるので長々とあらすじを書いてみたのですが、私の説明では足りない所あると思うのでぜひお手元のDVDを一緒に見ながら読んでください〜!番号が振ってあるのはそのままDVD内のチャプタータイトルです。

レコード会社は玉阪座の公演DVDとは違ってU Stormとなっていました。新しく設立された子会社のようです。U Stormさん、末長くよろしくお願いします…………!最初に流れるレーベル名の音量が大きいので見るときは注意してください!

本編始まりです↓

 

①ここはカクリヨ島

 嵐の海で島を目指す一隻の船が座礁してしまう。何人もの人を乗せた船はそのまま沈没してしまう。

②ドールマンは嫌われ者

 場面は変わって港町、沢山の人が暮らしている。そこに人形を詰めたカゴを持ったドールマン=メアリー・ジェーン(高科更文)が訪れ人形を売ろうとするが、島の人々は彼女を避ける。

f:id:mik_0809388:20210408030626j:image

 そんなドールマンの前に現れたのは双子の少年シャルル(立花希佐)とフィガロ(世長創司郎)。2人はドールマンは死体を使って人形を作っているらしいという噂を聞いていた。ドールマンは2人に近づき握手を求めるが、2人は握手は自分たちのクニでは殺し合いの合図なのだと言い、それに応じず離れていく。

冒頭乗客のジャンヌの子の悲鳴がめちゃくちゃ綺麗な高音で驚きました…後で誰かチェックします!

そしてメアリー・ジェーンの登場。はい、高科更文のビジュアルが大優勝〜!!ポスターやジャケット写真の美しさもすごいのに動いてるとさらにかわいいって何…?ナレーションの声も素敵。メアリー声までかわいいよ~!!

そこに現れたシャルルとフィガロはかっこよすぎます。立花くんと世長くんはビジュアルも対象的になっていて双子感めっちゃ出てますね。軍服っぽい衣装ドンピシャ好みです!!!嘗め回すように画面見ちゃいました笑。動きもピッタリで歩くときに出す手足の順番まで一緒でかわいい。

そんで立花くんの高笑いやばいですね…………!鳥肌たちました。これ生で観たらもっとすごかったんだろうな……。夏の向井とはまた違ってガッツリ悪役感のある悪役?なのがすごい!

なんというか、立花継希を思い出しました……。私は3回しか生で継希様の舞台を観たことがないのですが、継希様の演技本当に目に焼き付いて消えないんですよね。

上手からメアリーに一直線に駆け寄っていって目の前でキレッキレのダンスするシャルルも可愛かった笑!メアリーのびっくりする演技も良かったですね~。更文くんの驚く顔が新鮮な感じでした。

 

③私は人形師

f:id:mik_0809388:20210408030623j:image

メアリーは家に帰ると人形が売れなかったことや、島の人に腐った食べ物を売られたことを悲しみつつも人形を作り始める。夜になって完成した人形に仕上げにメアリーは自分の髪の毛を入れ、どこかへ出かける準備をするのだった。

④ゴーストの教会

教会ではウシノコ(根地黒門)、ハチポチ(織巻寿々)、シスターゴースト(白田美ツ騎)、ブクロー(鳳京士)らのゴースト達が毎晩楽しくパーティをしている。メアリーはそれを影から眺め、仲間に入りたいと願う。

港で1人、寂しいと思い悩むメアリーは何かに足を引っ掛け転んでしまう。それは人間の踵だった。海岸には死体と漂流物が大量に落ちていた。メアリーは島の人が噂している通りに死体で人形を作ってみようと考え楽しそうに死体を集め、作業場で人形作りを始める。

⑤初めてのおともだち

メアリーが出来上がった人形にジェイコブと名付け友達になりたいと願うと、死体は島のまじないによってゴーストにかわった。

♪『なまえのないともだち』(歌唱・ダンス 高科 睦実)

ジェイコブとメアリーはゴースト達のパーティへ出かける。

メアリーたちが仲間に入りたいと告げるとゴースト達もそれを歓迎し、朝までパーティを楽しんだ。家に帰ったメアリーが握手を忘れていたとジェイコブに言うが、ジェイコブはそれは殺し合いの合図だからと言って代わりにハグをする。

「ただいま、おうち!」って言うシーン変わって最初の更文くん可愛かったですね!ここからはもう高科更文フルスロットルって感じ!両手に持ったキノコ(椎茸?)をかじるシーンもハムスターみたいでかわいかったです。私も晩御飯にキノコかじったら高科更文みたいになれますか......?

メアリー・ジェーンって話し方もめちゃくちゃ女性らしい訳じゃないしいつもより胸とかも盛ってないのに、可愛らしくてどこか少女感があるというか。更文くん身長178くらいあるけど。演技までこんなすごいなんて……さすが天才アルジャンヌ。髪の毛を人形に入れるシーンとかでは妖艶さみたいなものがしっかり顔を出してくるのはさすが3年生といった感じですね。

ゴースト達のメイクもかわいい!長くなるので個人のビジュアルについては後述します!教会でのパーティは本当に楽しそうです。ハチポチのおなかをなでるシスターゴースト聖母じゃないですか?白田くんがニコニコしてるの本当にかわいい〜。ここのブクローの『神様、生き様、お坊様』好きです。お坊様て笑。

人間の踵を持って微笑むメアリーの姿はゾクっとしました。『お月様から私へのプレゼント?』のところとか特に、純粋ゆえの怖さみたいな。更文くんの笑顔が美しいのも怖さ3割増しです。暗転が明けた舞台上に死体役のクォーツ生とマネキン?のパーツがゴロゴロしてるのも怖かったです。一人すごい体勢の子いたけどあれ誰なんだろう……。

『なまえのないともだち』はゆったりとしてるのに熱っぽい素敵なダンスでした。メアリーがジェイコブを操っている不思議な雰囲気が良かったですね。まさかこれがAjとJaのフミカイペアで見られるユニヴェール最後のペアダンスになるなんて誰も思ってなかったと思いますが……。

メアリーとジェイコブを歓迎してくれるゴースト達もかわいいです。『おかし!?』ってウシノコに飛びつくハチポチが、立ち上がると予想以上に大きくて面白かったです笑。そうだよね、根地くんと織巻くん身長差15cmくらいあるよね。マジで織巻くんのわんこ感(大型犬)すごい🐶。メアリーの首元にすり寄って匂いを嗅ぐハチポチもかわいかった。あれをいやらしくなく演じられるの織巻くんの才能じゃない?いや逆にセクシーな気もしてきたけど……。

 ていうか『私がママになってあげる』とか『僕のママ』とか、ヤバくない?マ、ママ………………。やめろ!相手は18歳だぞ!!!🚓🚨🚨

 

⑥ほうもんしゃ

メアリーとジェイコブの家を朝から誰かが訪ねる。ジェイコブが隠れた後ドアを開けるとそれはシャルルとフィガロの二人組だった。2人はメアリーと友達になりに来たのだと告げ、人形を貰い島の人たちのところへ誘う。

港町に着くとシャルルとフィガロは、メアリーの人形は島の外なら銀貨2枚で売れると宣伝する。島の人々は次々にメアリーと握手し自身に似た姿の人形を受け取っていった。

人形が売り切れた後、メアリーがどうして親切にしてくれるのかと尋ねるとフィガロは同じ人間だからと答える。2人はこれは友情の握手だと言いメアリーと握手する。メアリーはその手が温かいことに驚く。

家に帰ったメアリーにパーティへ行こうとジェイコブが誘うが、メアリーはそれを断る。

⑦にんげん?ゴースト?

別の日、港町で人形を売り捌くが浮かない顔をするメアリー。そんな彼女をシャルルとフィガロは散歩に誘う。港でメアリーが島の人は自分を見ておらず胸が苦しいと述べると、フィガロは一緒に島を出ようと提案する。メアリーは外の世界へと思いを馳せる。

1人教会のゴースト達の所を訪れるジェイコブ。人間であるメアリーに自分はいらなくなるのかともの思いに耽っていると遠くの海に大きな船を見つける。

港町では人々が自分に似た人形を見つめ顔を覆っている。島の様子がおかしい事に気がついたシャルルとフィガロは動きを早めねば、と相談する。

メアリーが家に帰るとジェイコブはソファーで眠っていた。冷たい頬に触れ、メアリーは外の世界に興味はあるが、自分の居場所はここだと考える。

シャルルとフィガロ胡散くさい〜!特にフィガロ!敬語口調だからですかね。フィガロの後ろからぴょこって出てくるシャルルかわいい。シルエットは同じだけど立花くんのほうが一回り小さいので弟っぽいのに、実はシャルルのほうが兄なのイイですね。でもフィガロの笑顔怖いよ、、。

メアリーと握手するフィガロ、左手で握手してから右手でメアリーの手をすりすりしてるのが絶妙に気持ち悪くて最高でした(ごめん世長くん!ほめてます...!)。島の人が人形を買うシーンはオークションみたいになってて楽しかったです。

メアリーにパーティの誘いを断られシュンとするジェイコブ可愛い!おかしパーティー混ざりたいです。おこがましいね……。でもジェイコブめちゃくちゃかわいくない……?毛糸玉とかいじいじしてるよ!?生まれたてじゃないですかこの睦実君。バブちゃん……(全国の睦実ファンごめんなさい)。

教会で物思いにふけるジェイコブの相談に乗る?ブクローかわいかったです。いい子じゃん……。

 

⑧もえる

夕方になってメアリーが目を覚まし港町に行くと言うとジェイコブはここにいろと怖い顔をする。メアリーがフィガロに外の世界に誘われたと話すとジェイコブは話を遮りメアリーなんて嫌い、友達じゃないと叫ぶ。傷ついたメアリーは家を飛び出す。外に出ると港町が燃えていた。

燃える港町に着くと様子のおかしい島の人がメアリーに襲いかかる。シャルルが島の人を撃つとその住人は音を立てて消えていった。混乱するメアリーにシャルルはこの島の住人はメアリー以外全員がゴーストだと告げる。住人たちはメアリーの作った人形をきっかけに自身がゴーストである事を思い出してしまったのだ。

f:id:mik_0809388:20210408030634j:image

襲いかかるゴースト達をシャルルは剣で切り裂いていく。メアリーはどうして島の人々が自分を襲うのか、どうして2人は島の人々を襲うのか教えてくれと頼む。

カクリヨ島は島で死んだ人間が全員ゴーストになるのだとフィガロは言い、島の人が老いるのを見たことがあるかとメアリーに尋ねる。メアリーは人間の姿は変わらないもので、日々変化する自分だけがおかしいのだと答える。ゴーストに認識を歪められているメアリーに2人は仲間の船で一緒に島を出ようと誘う。島にはいつのまにかゴーストを倒す聖なる火をつけた松明を持った人々がいた。シャルルとフィガロは自分たちはゴーストを狩る『かりうど』で船が嵐で沈んだため仕事が遅れたが、これから教会のゴーストも倒すと告げる。再度メアリーに島を出ようと言うがメアリーはゴースト達が好きだから見逃して帰ってくれと答える。

フィガロがメアリーを剣の持ち手で殴り倒し、メアリーをクニに連行し磔にすると言う。メアリーがジェイコブを作るのに使ったのは2人の仲間の死体だったのだ。メアリーは動かない死体を愛せるのにどうして生きているゴーストに情をかけられないのかと聞く。シャルルはメアリーを殴り気絶させる。

メアリーの家ではジェイコブがメアリーを傷つけたことを悔いていた。そこに訪れたシスターゴーストは港町が燃えていることを教えて逃げようと誘う。

メアリー以外全員ゴーストで、メアリーはそれに気が付いていないっていうのはめちゃくちゃ驚きました…………!秋公演終わった後レポ漁ったはずなのに完全に話が頭から抜け落ちてました笑。DVDを新鮮に楽しめたので逆に良かったかもしれないです。

だから島の人々のメイクとかあんなに青白かったのか……。港町なのに漁師さんとかも全然日焼けしてないけど、みんなだしそういう世界観なのかなって思ってました。うわ~よく考えなくてもわかるヒントめちゃめちゃたくさんありますね!?メアリーの『食べ物が好きなんて変わっているね』とか『この島にはお墓なんか一つもない』とか『島の誰よりも人間らしいのがいい』とか!

ネタバレ全部忘れてた上にセリフ聴いても気が付かなかった自分のアホさに驚きました。もう一回最初からセリフ注目して見てみよう!!ジェイコブに使った死体がシャルル達の仲間だから、ジェイコブは握手は殺し合いの合図って知ってたんですね!うわ〜綺麗な回収!

島の人をバンバン殺しまくるかりうどコンビ最高ですね!笑顔で目がいっちゃってる感じ刺さった人絶対いますよね!?立花くんも世長くんも普段は大人しめなのにフィガシャルのこれはずるいです...!ギャップで死人が出ます。マントで血みどろになってるであろう剣をぬぐうフィガロのシーンエンリピです。フィガロフィガロの衣装にマントつけた人に金一封送りたい。あ、衣装案って今回も根地くんですか.....?天才が過ぎるよ~ありがとうございます…。

あと二人ともドールマンを殴るフリが上手すぎてハラハラしました。受ける側の更文くんも上手なんだろうな。倒れ方が勢いあるのにすごく自然でした。殴った後のフィガロ、声がそこまでと全然違って本当にすごかったです。世長くんの演技の底が見えない……。マジで生で観たかった秋公演……。

『動かない死体が愛せるなら~』からのメアリーのシーンは何が悪いかあまり分かっていない様子に正直ゾッとしました。ゴーストに優しいところはメアリーの大きな魅力だけど、シャルル達が激昂するのも仕方がないと思ってしまいましたね。

 

⑨ジェイコブを助け出せ

メアリーが目を覚ますと真っ暗な場所に閉じ込められていた。そこにやってきたのはハチポチとウシノコ。ジェイコブ達のいる教会には聖水が撒かれ命が危ないらしい。 

港町は炎が広がり逃げ惑う人々の叫び声とそれを阻む銃声で地獄の様相だった。メアリーは聖水を打ち消すものを思いついた。

ゴースト達が力付きかけていた時、メアリーが汚泥を投げつけゴーストを助ける。メアリーとジェイコブは再会を喜ぶがシャルルは銃を構える。ゴースト達とメアリーは逃げていく。

♪『ハレル・ア 〜友よ、わが神の名を叫べ〜』

(歌唱:立花 高科 世長   

   ダンス:立花 高科 世長 織巻 根地 白田)

後半からはもうハチポチとブクローだけが癒しです。ハチポチの鳴き声かわいい。この後の遠吠え?はさすが織巻くんの声量でした!島の人達と狩人の戦いは正に「狂気」といった感じで照明も真っ赤、逃げ惑うアンサンブルの動きもおどろおどろしかったです。

メアリーとジェイコブの再開シーンは良かった...となるしほほえましいのですが、どうしても狩人側の気持ちが気になってしまって……。シャルルが各パーツの元の持ち主の名前を呼ぶところで本当に辛くなりました。『心は「かりうど」、俺たちの仲間だ!』っていうセリフ、この公演全体を通して一番心に残ってるかもしれないです。

『ハレル・ア』は人間3人が歌唱で、ゴーストたちはお立ち台?の上でバックダンサーです。このシーンも引き続き街が燃え盛っているので照明が真っ赤なままで、歌う姿の迫力が怖いくらいでした。更文くんわやしげな歌い方が上手すぎると思いました。あと、立花くんの高音と世長くんの低音の相性が良すぎてこの二人のデュエットもっと聞きたい~!ってなりました。世長くんの歌声話すときも低くてかっこいいです。

 

森に逃げこむが追っ手はそこまで来ている。ウシノコが10秒後2人は落とし穴に落ちると叫ぶとフィガロとシャルルは足を止める。しかしこれはウシノコがとっさに付いた嘘だった。

ここのウシノコ、めちゃくちゃ頼れるゴースト達のリーダーだった…………!みんなが万事休すと思った苦しい瞬間にどセンターで「10秒後の予言を致しましょう!」って声を張り上げる姿が、そこまでの飄々としたウシノコとのギャップで本当に輝いていました!てかウシノコいつもの根地くんより声が低くてかっこいいですよね!!あんなダンディなしゃべり方の役の根地くん初めて見ました!その後のふふんと言う様なドヤ顔もめちゃめちゃ良かったです。ウシノコかっこいい!

 

⑩うみをめざせ

港にたどり着いたメアリー達。フィガロとシャルルはメアリーを狙うが、間一髪の所でブクローがメアリーを庇い、ブクローとシャルルは海に落ちてしまった。f:id:mik_0809388:20210408030629j:image

シャルルを失った事に激昂したフィガロが剣を振るい襲いかかる。しかしメアリーの作った人形達がフィガロに纏わりつき邪魔をする。メアリーは人形達に謝りお礼を言いながら逃げていく。

船に乗り込んだメアリーとゴースト達。メアリーが聖書や燭台を海に捨てると、その下には死んだはずのブクローがいた。

港には水に濡れたシャルルが現れる。2人は助かって良かった、それにしても酷い顔をしていると互いに言い合う。

船ではメアリーとゴースト達が楽しくパーティを開いていた。

♪『!!!ゴーストパーティ!!!』

(歌唱:高科 睦実 根地 白田 織巻)

f:id:mik_0809388:20210408061620j:image

(終わり)

 

ブクローーーーーーーーーー!!!!!ブクローとシャルルの掴み合いやば!!!

ブクローの過去編ないですか……根地くん...。鳳くんはガタイが良いのでそれに比べるとシャルルはめちゃめちゃ華奢に見えるけど、立花くんの迫力も半端なかったですね……。全然ブクローに負けてないように見えました。

シャルルがやられた後のフィガロの演技、本当に凄かったです…………。文章では表せないです。もう言われ尽くしてるとは思いますが世長くんの絶叫が凄まじくて。夢に出てきそう.....。秋で生まれ変わったとは聞いてたけどまさかこんな世長くんは想像できていなかったです。まさかあのかわいいカンナちゃんがこんな事になるなんて…生で見たかった………………。

殺陣もめちゃくちゃ上手とかではない?けど、なんていうか一振り一振りの重さがそれまでのシーンとこのシーンでは全く違って。気持ちの乗り方が違うのかな。世長くんマジでヤバい……天才を見ました……。

シャルルの再登場すごく驚いたんですけど、これってこの島で死んだからゴーストになってるって事でいいんですよね…………?えっフィガロは?青魚の腹のような肌って言われてたけど。ちょっと他の方の考察読み漁ってきます…!あと2人はいつメアリーがゴーストを作ったって気づいたのかも気になります。

ゴーストになってしまった彼らはもう元仲間のかりうど達に狩られてしまうのかもしれないし、シスターゴーストが聖別された武器にやられると神も悪魔もいない所へ送られてしまうって言っていたしそうなっちゃうのかな。2人がカクリヨ島でのんびり暮らし続ける未来とかないですかね…ないか……。

エンディングに歌を歌って終わりというのも良かったです!どうしても私はフィガロとシャルルの仲間の死体を弄ばれたっていう方に同情してしまっていたのですが、エンディングを聴いているとなんだかハッピーエンドみたいに思えてくるので面白いです。

歌はもう根地くんの声が最高で............!!!!あの高らかに呪文みたいなのを歌い上げるウシノコ超良かったです!!!!あ、でも一つ気になるのが、袋かぶってて分からなかったんですけど鳳くん歌ってました!?聞き分け出来なかったので歌唱メンバーには書かなかったけど歌ってますか??有識者の方教えてください…。

 

  •  各登場人物について

メアリー・ジェーン(Aj)

やっぱり高科更文、凄かった。冒頭喋り始めた時に、今までのジャンヌの声とも直近2つのジャックの声の出し方とも違って驚きました。声も高めで喋り方も結構個性的なのに、歌唱パートも含めて最後まで安定感がありました。

メアリー自体は分からないキャラクターだったな、という感じ。純粋だけど怖い子どもっていう雰囲気は最初から最後までありました。オーメンのダミアンみたいな?違うな。なんかホラー映画に出てくるサイコパスみたいな……。優しさとこわさが両立してるみたいな……。人形たちはたくさんいるけど、両親も友達もいなくて寂しかったんだろうな。常識もゴーストにゆがめられてきたわけで。何歳くらいの設定なのかがとても気になります。私は一番に恐怖を感じちゃったけど、それでも魅力的だしかわいいんだよねメアリー・ジェーン。なんなんだ〜。考察読みます……。

 

ジェイコブ(Ja)

 バブ!!!!!!!!!!!!👶👶👶👶

ごめんなさい笑!でも今回の睦実君かわいすぎました!!あの情緒の育ってない人間1年生みたいな感じが……いやゴースト1年生ですかね?睦実君って本当可能性無限大ですね……。ジェイコブのメアリーを見る眼差しが愛に溢れすぎて苦しかったです。観客には向けない視線をママにだけ送っていました。やっぱりダンスと歌唱シーンも含めてフミカイペアの安定感というか、この二人なら魅せてくれるぞ!って感じ半端ないですね!それぞれ新しいステージに進んだっていうのは散々言われてるとは思いますが、それでも何度だってフミカイペアが見たいって思ってるファンは私以外にもたくさんいるんじゃないでしょうか。

睦実君は髪型で結構ガラッと印象が変わるなあと改めて思いました。外はね七三スタイルもカッコいいですね。

 

シャルル(J) 

立花くんはお顔も綺麗で高めの声も涼やかで素敵!と思っていたんですけど、シャルルはものすごく悪い表情と人をなめ腐ったような声を出し惜しみなく披露していて驚きました。煽りスキルが高すぎる!あの高笑い本当にすごかったですね.....。身のこなしも軽くてぴょんぴょんしてるのが可愛かったです。立花君のジャンプ力すごい笑。でもブクローとのシーンはすごい迫力でどこにそんな力が.....?と思いました。実際にパワーがあっても、そう見せているだけでもどっちにしろすごいです。

ビジュアルに関しては昨年度の立花くんの役の中で一番好みかもしれないです!左側を切りそろえたアシメヘアと斜め被りの帽子が超好きです。秋公演は全体的にレザー生地が多いみたいで重厚感があって最高ですね!

 

フィガロ(J)

秋公演の世長はヤバいって散々聞いてたけどまさかこれほどとは.....!え!本当にカンナちゃん演じてたのと同じ人ですか??私は正直新人公演の世長くんはあまり印象に残っておらず初々しくてかわいいなくらいの感想しか持ってなくて。カンナちゃんもビジュは好みだけどそれくらいで、間が空いて冬公演のフギオーで度肝抜かれたんですよね。その間にはこんな世長くんがいたのか……!!!私が聞いただけでも秋公演で世長くんに落ちた人めちゃくちゃいたんですけど、そりゃこんなすごいの見たら落ちるよ……。

衣装はさっきも書きましたがマントが本当に最高で!足首まである長さの切りっぱなしのマント、フィガロに似合い過ぎてました。フギオーとかイザクもそうなんですけど、世長くん意外と背が高いのでボリュームのある衣装も着こなせちゃうんですね。フィガロ、個人的に秋公演のMVPだと思いました。

 

ウシノコ(J)

ウシノコのビジュアルすっごく好みです…………。まず囲み目メイク(ガチの)。ここ一年の根地くんは新人公演・夏公演は完全に目が隠れてて、冬・ユニヴェール公演は片目隠しなんだけど、ウシノコはそのどちらとも違ってまたいいですね。髪型は外ハネなんですけど謎の後れ毛的な束があるのもかわいい。金刺繍入ってるマント?は裏地まですごくしっかりしていて驚きました。

ユニヴェールの衣装って一公演しかないのにめちゃくちゃ豪華なんですよね。私がちょっとだけ追ってる他界隈の推しくんなんていつもペラペラの布一枚ですよ.....。やっぱりユニヴェールは資金力が違います。衣装展示とかしてほしいな~。以前何度か玉阪市のイベントごとの時に展示されてましたがもったいないので常設でやってくれないかな、と思っています。

ハーフパンツ+黒タイツも赤レザーの手袋も全部好きです......靴もかわいかった。

ビジュアルはこの通り大好きなのですが、ウシノコの演技でもまた新しい根地くんを見ることができた気がしました。低音ボイスまた聴きたいです😏😏!

ウシノコは件(くだん)という妖怪が元になっているようです。

生まれて数日で死ぬが、その間に作物の豊凶や流行病、旱魃、戦争など重大なことに関して様々な予言をし、それは間違いなく起こる、とされている。別の伝承では、必ず当たる予言をするが予言してたちどころに死ぬ、とする話もある。〈中略〉また歴史に残る大凶事の前兆として生まれ、数々の予言をし、凶事が終われば死ぬ、とする説もある。(Wikipediaより引用)

なるほど、えっなんかハードな設定……。ウシノコは予言しまくりだったけど死なないのはもうゴーストだからってことかな?

 

シスターゴースト(Jan)

え〜めちゃめちゃかわいい!!私ロングの子すっごい好きなので……😭白田くん今までこの髪型やってないよね!?好き〜!ハチポチとブクローの一歩後ろにいることが多くて(全景だとさらによく分かります)、騒ぐ二人にほほえみを向けている姿がマジで聖母でした。

今回は目立つ演技のシーンはそんなに多くなかったですが、教会のパーティーに場面が移るときは毎回シスターゴーストが歌っていて印象的でした。讃美歌みたいな曲を胸の前でお祈りのポーズをしながら歌う白田くん、大変美しかったです。「ああ、神様!」という何度も繰り返されるセリフも毎回言い方が違ったりして見比べると楽しいですね。

 

ハチポチ(J)

わんこ織巻くんめっちゃかわいかった🐶🐶🐶!!似合う〜!!本当に人懐っこい大型犬って感じでした!舞台袖から4足歩行で走ってくるハチポチも客席後方の扉から登場して遠吠えするハチポチも最高でした。吠えながら舞台にダッシュするハチポチに目線集まりすぎて他のゴーストたちが横の通路通るところ見てなかったっていうレポめちゃくちゃ好きです。この二ヶ月後に冬公演でジレ見た人混乱しませんでしたか.....?

衣装はトップスが紫のタイツみたいな生地で、よく見ると筋肉がバッキバキなのがわかってちょっと笑っちゃいました。織巻くんどんどんムキムキになってない!?💪💪

 

ブクロー(J)

1番意味わかんないキャラだったけどだんだん可愛く見えてきちゃったのが不思議でした。死ななくてよかった〜😂ブクローはセリフというかずっとライム刻んでる感じでしたけどそれはそれで難しそう。同じようなリズムと勢いのセリフの中でもうれしそうとか、ちょっと悲しそうとか細かいニュアンスが伝わってきて、さすがクォーツ78期首席の表現力!と思いました。

カーテンコールのとき(後述します)に頭に被ってた袋を取った瞬間、金髪をファサッて靡かせて現れた鳳くん、マジで王子様かと思いました。えっ、やっぱり鳳くんってものすごくかっこよくないですか?背も高いし髪もサラサラで正統派イケメンって感じで。新人公演のポスターそろそろ解禁されると思うけど今度は顔見えるといいな~!

 

アンサンブル
島の民衆や教会のゴースト、かりうどの仲間など出番が多かったです。島の人々の中でも特に、77期の私の推しの大西くん、めちゃめちゃ活躍してるじゃないですか!

大西拓哉くん紹介させて下さい!

f:id:mik_0809388:20210408025441j:image

大西くんは1年生のときの新人公演『ポート・ロイヤル』で77期の中では3番目くらいに目立つチャールズを演じていた子です〜!その後はあまりメインの役どころに食い込めていないですが、ジャックもジャンヌも演じている様で、よく通る声が特徴です。目と口がおっきいので表情も後ろの席まで伝わります!

クォーツのインスタ公式アカウントにもよく登場するあのお調子者っぽい彼ですね。あまりインスタに登場しない白田くんの写真の4分の1くらいを撮っているのは大西くんです(残りは根地くんと織巻くん)。77期の中では割と仲が良い方みたいです。

ユニヴェール名鑑によると、尊敬する先輩は演者としての根地黒門で、ジャックもジャンヌもマルチに演じられる役者になるのが目標とありました。

77期はやっぱりどうしても田中右くんと比べられてしまうので不遇の世代って言われていて、実際辞める子も多くて人数が3学年のうち1番少なくなってしまっています。それでも2年間ユニヴェールで頑張ってきた大西くん。クォーツの77期のムードメーカーっぽい彼も今年は最高学年です。今年はメインキャストの大西くんが見たいなぁと勝手に思わせてもらってます。

メアリーに最初に襲いかかった島の住人が大西くんでしたね。それ以外にもちょくちょく出てきてメアリーとの絡みもありました。

 

 

  • まとめ

いや~秋公演も最高の内容でした!この脚本かなり好きかもしれないです。演技も特に世長くんがすごかったです。でも実際に劇場で観た10分の1も伝わってないのかもしれないですよね……。DVDを見たことによって生で観られる有難みを改めて感じました。いや、DVD出してもらえるのもほんっと~~~~~に最高なんですけど、、、😂!!!

 

そういえばこの前友人に言われて気が付いたんですけど、前回までのブログとかで更文くんのこと高科更文って呼び捨てにしてました、すみません……😭

実は普段私に布教してくれたガッツユニヴェールフォロワーの友人の影響で更文様と呼ばせて頂いているのですが、文字に起こすとどうも恥ずかしくて…………。リスペクトは込めているので許して下さい……。最近更文くん呼びに強制しようとしているところです。

あと、この友人は冬公演の時にフミカイペアの解散に落ち込んでいた友人と同じ人物なんですが、その後ユニヴェール公演でアドラとレヴィのダンスが見られたのに加えて、今回秋公演が円盤化したことで大分吹っ切れたようです。今までの思い出を胸にこれからの2人が良いライバルとなることを願って玉阪座での活動を応援していくと言っていました☺️えらい。

私も先日の根地黒門くんの玉阪座入門に当たってという記事で書きましたが、本当にこれからも応援できるっていう幸せを忘れずに大事にしていきたいです。

 

また今度他クラスの感想書きたいんですけど、DVDが出たことによってクォーツ公演がアンバーの我死也と比べられることがまた増えたような気がします。どちらが優れているとかは、いちユニヴェールフォロワーの私には分からないけど、少なくとも私は今回のクォーツ公演が大好きです。アンバーの完成された芸術作品のような方向性とはまた違った良さがクォーツにはあるんだなと感じました。

私は我死也みたいな芸術的な脚本と、クォーツが得意なエンタメ全振り!みたいな作品、どちらか選べといわれても選べないくらい両方大好きです。つまりは根地くんの脚本のファンってことですかね😂😂!

 

めちゃくちゃ長くなってしまったので今回はこの辺で!後編に続きます〜!

後編はバックステージ映像とシリアル特典の感想です☺️🌸

 

©Sui Ishida/BROCCOLI

『クォーツ2020 オリジナル・サウンドトラック』感想

※この記事は架空のCDについて語っています。

※ゲームと資料集のネタバレがあるのでご注意ください!ユニヴェールコレクションの特典CDについても触れています。

 

 

 

 

こんにちは、お久しぶりです!

前回の秋公演『メアリー・ジェーン』のDVD視聴感想・後編をアップしてから大分更新が開いてしまいました……😖

(↑リンク飛べますのでそちらもよろしければご覧ください☺️)

 

 

今日の記事はこちらです!ドン!!

 

 

 

 

 

f:id:mik_0809388:20210425132831j:image

 

ついこの間の4月21日水曜日、昨年度のクォーツの舞台で使われた楽曲を収録した

オリジナル・サウンドトラックが発売されました〜!!

いぇ〜い!!!

 

今回はこちらのレビューというか、各公演楽曲を聴いての感想になります☺️

次回は、この前の新人公演が本当に素晴らしくて余韻がまだ抜けてないので、興奮が覚めないうちに急いで新人公演の観劇レポ書きたいな〜と思ってます。

ずっとメインキャストだった76期が3人抜けてどうなることやらと思っていましたが本当に本当に良かった……!79期も粒揃いで今後に期待しかないです😂 個人的には世長くんの久々のジャンヌ役が凄く良くて!DVD発売が待ち遠しくて仕方ないです。

ちゃんと発売されますよね……?秋公演だけ発売して終わりなんてことないですよね?冬公演とユニヴェール公演のDVDも待ってます。もう一度あのクロウリーとシシアが観たいです……😭


本題に戻ります笑!

今年度になってユニヴェールの運営体制が変わって、急に秋公演のDVDが出たと思ったら今度はCDが出ましたね…………嬉しい😂

ユニヴェール理事会と当代の派閥問題に決着がついたようで本当に良かったです。

プレミア感が無くなってしまうっていう意味で、円盤化とか音源化に反対する人がいるのも分からなくなくもない…かもしれないですけど、私はこういう面では当代の改革に期待しかないです。当代最高〜!!ありがとう〜〜!!!

次は楽曲の配信とかサブスクとかもどうでしょうか!気軽に周りにオススメできるようになるので!

 

 

  • 製品情報

f:id:mik_0809388:20210425053831p:imagef:id:mik_0809388:20210425053836j:image

ユニヴェール歌劇学校 クォーツ2020

オリジナル・サウンドトラック

全15曲・ 歌詞ブックレット20P付き ¥3800

 

↓ユニヴェール公式オンラインストア

PRODUCTS《製品情報》|ジャックジャンヌ 《 JACKJEANNE 》

サウンドトラック試聴

youtu.be

 

 

ブックレットは表紙以外写真などはついていないシンプルなものですが、歌詞だけでなくパート割も載っているのでめちゃくちゃ助かります……!!ちょいちょい勘違いしてるところありました笑

CDは曲によっては披露されていない2番まで音源が収録されてて、、、。これ本当に3800円で大丈夫ですか??ちなみにレコード会社はDVDと同じくU Stormです。ありがとうU Storm一生ついていきます……😂🙏

 

 

  • ジャケット写真

f:id:mik_0809388:20210425041728j:image

ジャケ写もう少しアップにしてみました!この衣装本当に可愛い……!去年の学園祭 *1のミュージカル公演の衣装ですね。私は行けてないのですが……。

そういう公演も円盤化してくれないかな……。

秋公演DVDに訪問公演とクラ合公演*2のダイジェストが収録されてましたし、冬公演DVDにワンチャン…………?と勝手に期待してます。期待しすぎるのも良くないですかね……。

でもこんなに根地くんがこんなにかっこいいのに動いてる姿を見れないなんてそんなこと……。あってはならないと思いませんか……?運営よ…………。

どうしても休みが取れなくて(チケットも取れてなかったんですけど)行けなかったこと本当に一生後悔しますね……。

f:id:mik_0809388:20210424200500p:image

モノクル着用の衣装って私の知る限りはこれだけなんですよ😭!タキシードも着こなしてて差し色のグリーンも似合ってて素敵です……😭

役どころも、とある王国の有力貴族で第三王女の婚約者とか最高じゃないですか!!しかも世長くん演じる騎士見習いと立花くんを取り合う役ですよ!?見たすぎる……😭 ちなみにこれらは学園祭当選した友人から聞いた話です…強運……。

 

ユニヴェール公演『央國のシシア』観劇レポの記事でも書いたんですけど、最終公演に一緒に行ったその友人(ちなみにこのブログに出てくる私の友人はほぼ全部同じ人です。高科更文推しのaちゃんといいます)が、クロウリーのかっこよさに割と耐性があったのって、この根地くんを見てたからだと思うんですよね〜!方向性は違うけどかっこいい全振りジャックの根地くんには違いないので🥰!まあアドラの更文くんに集中しすぎてただけかもしれないですけど……笑

ユニヴェール運営とU Stormさん、いつまでも待ってますからね!後でハガキ出します!

 

 

  • 収録内容
  1. Fortune color is crystal!
  2. 鈴かけの木をこえて
  3. 我らグレートガリオン
  4. Ms.Robin
  5. Compass line
  6. なまえのないともだち
  7. ハレル・ア   〜友よ、わが神の名をさけべ〜
  8. !!!ゴーストパーティー!!!
  9. オー・ラマ・ハヴェンナ  おお、愛するハヴェンナよ
  10. 懺悔室で激しく懺悔
  11. 淡色
  12. Departure
  13. なかつくにのキルツェ
  14. Quartz Anima
  15. Over the wall

 

全15曲で全曲 作詞/根地黒門、作曲/小瀬村晶 というクレジット表記になっています。大天才の皆様ありがとうございます……😭🙏

ていうかジャケ写は学園祭衣装なのに学園祭の曲は収録してないんですね!?まあ公演時間も結構短いものだったようなので色々難しいのかな。でも根地くんと世長くんのデュエットソング(というかバトル曲?みたいな感じらしい)、どうしても聞きたいです……😭!!

 

めちゃめちゃ学園祭公演の話ばっかりになっちゃいましたね笑

気長に要望送りながら待ちます!

それでは前置きが長くなりましたが、各公演楽曲の感想です☺️↓↓

 

 

1.Fortune color is crystal!

(歌唱 立花・高科・睦実・根地・白田・織巻・世長)

はい、好き〜!一曲目にこの明るいダンスソングが来るの最高ですね!

冒頭の台詞も入っていて嬉しいです。更文くんのメイド長の『ほらほら、ホール片付けて!』もイケボで話し方も姉御感?あって好きです。世長くんは台詞だとかわいい声なのに歌声が結構低くて(特に白田くんとのパート)かっこいいです。

2番もめちゃくちゃ良い〜!!1番とは別のメンバーにスポットが当たる感じですね。特にあの、根地くんのソロパートが……😂 ラスサビ前の『Keep on dancin!』の高音ももちろん好きなんですけど、2番の娘からの占い師で『闇が溢れ眠れそうもない そんな日だってある』がめちゃくちゃ良かったです……!シンプルに声がかっこいい。

あとこれは言うまでもないんですけど、織巻くんの高音意味わからないくらい上手すぎますね……。織巻くんインタビューとかでユニヴェール目指し始めたのは中学の途中で、それまでは剣道しかしてこなかったって言ってたと思うんですけど、それであんな上手いとかあるんですか!?

 

 

2.鈴かけの木をこえて

(歌唱 立花・織巻)

一言で表すなら透明感、それに尽きます。立花くんの声が透き通りまくってて聴き心地がいいと言うか、スーッと耳から入って沁み渡っていく感じがします……。最初のブレスからもう好き。

あとやっぱり鈴かけは歌詞が素敵ですね!去年の新人公演の情景が蘇ります😭 娘と王様が交互の歌唱パート大好きです。王様が娘を抱き上げて見つめ合って歌うところも本当に好きだったな~。

織巻くんが歌うたびに言及したくなりますがこの曲も高音&ビブラートがエグい。本当に織巻くんも立花くんもこれが初舞台とか信じられないですね…………。

 

 

3.我らグレートガリオン

(歌詞 立花・根地・白田・織巻)

この曲すっごく好きです!!!明るくてリズムも好きだし歌詞も前向きで好き!

初手織巻くんパートがフルだと長くなってて良かったです!織巻くん歌うま!!!!あとイヤホンとかで聴くとハモリがめちゃくちゃ綺麗ですねこの歌……!特に白田くんのハモリ心地良すぎる……。織巻&根地パートの、根地くんの『呷るマリブ』の上ハモもめちゃくちゃ好きです〜!なんか楽しそうな声が好き!『視界定めろ』も!高音が最高!!!

高らかに歌い上げていて、響きがある?立体感が出る?みたいな感じします。知識が無さすぎて上手く表現できないですが……😭  

グレッガ-リ ォ♪  グレッガ-リ ォ♪   グレッガ-リオ-ン ♪  のとこめちゃくちゃ楽しい。

あと曲とは関係ないんですけど、ユニヴェール公演のシシアとクロウリーが忘れられなくて、根地くんと立花くんのパートなだけでその部分めちゃくちゃ集中して聴いちゃうとこありますね……。『Show me.』のとことか……。

あ、あと公演観た時にカンナちゃんも歌ってると思ったら歌ってなくてびっくりしたこと思い出しました。確かに社員じゃないのでまあ当たり前?と言ったらそうなんですけど。あんなに可愛いウインク決めてるんだから歌って欲しかったです😉

 


4.Ms.Robin

(歌唱 白田・立花)

最近寝る前にずっと聴いてます。白田くんの声×曲調×英詞が最高の睡眠をもたらしてくれますね。 この曲の白田くんの、ちょっとウィスパーな感じ?の声の出し方とても好きです。本当に歌が上手……。

私は英語全然出来ないので、あまり発音の良し悪しとかも分からないんですけど、流れるような発音をしているようで不自然に感じる部分が素人目(耳)には全くなかったです。

ていうか白田くんの英語の発音(しかも歌)がめちゃくちゃ綺麗なのは公演の時点で相当話題になっていたので私が言及するまでもないんですけどね!!!

途中から加わる立花くんも発音も声も全部綺麗でした。コーラスも地味に好きです。

 


5.Compass line

(歌唱 高科・睦実)

アンドウ先生の声が素敵すぎる……。色っぽいのにお上品な大人の女性って感じです。更文くんのジャンヌ役の声の素敵さが、ジャック姿を観たことでまた改めて分かった気がします。ジャック声も凄くかっこいいのに、こっちも!?みたいな。フミカイペアの歌声の相性の良さも存分に味わえますね。華やかでセクシーな更文くんの声と落ち着いていてクールな睦実くんの声最高すぎます。いやでも睦実くんも色気のある声してるよね!睦実くんの『赤く色づいてく』の部分の息使いがめちゃくちゃ好きです……☺️☺️!

そしてこの曲も歌詞が綺麗!『ただやわらかく舞う あなたの描く○』とか『マストみたいに立って 蒼々』とか特に好きなんですけど、そんな素敵な表現どうやったら思い付くんだろう…って思いました。

 


6.なまえのないともだち

(歌詞 高科・睦実)

Compass lineに続いてまたフミカイ歌唱曲です!雰囲気がまたガラッと変わって最高〜!アンドウ先生の大人の女性の声から無邪気で妖しいメアリーの声への変化がすごいです😭

睦実くんも比較的シンプル?な感じのハセクラの歌い方からゴーストであるジェイコブの歌い方になっててすごいな…としみじみと思いました。夏と同じく優しい低音で支えてるけどまた違う方法というか。『みぎうえかおよこ』とかの声を張り上げて伸ばす部分もああこれはジェイコブだな、と感じられて好きです。

歌以外の音自体も凄く可愛かったり面白かったりするのでカラオケverみたいなものもあったらな〜と思いました。

 


7.ハレル・ア 〜友よ、わが神の名をさけべ〜

(歌唱 立花・高科・世長)

シャルルはあんなにヤバいのに入りから既に立花くんの声がやっぱり美しいです……😭 

ヴェルオタの友人(これはaちゃんではない子です)が、秋からずっとかりうどコンビに囚われ続けてるんですけど、通勤時間にハレルア永遠リピートしてるらしいです。朝からハレルア笑?って思っちゃったけどまあ気持ちはわかる……😌

この3人での歌唱があるって聞いたとき驚いたんですけど、聴いたらちゃんとバランスも取れていて綺麗だなと思いました。世長くんの下ハモめっちゃかっこいい……。えっ世長くんの歌声低くてかっこいいですね!?こんなかっこよかったっけ!???今更すぎるけど!!インスタに上がる動画とかカーテンコールだと落ち着いてて優しそうな声なのに、歌うとこんな声になるのギャップが良すぎる……!本当今更すぎて申し訳ないです……イヤホンで聴いて改めて気がつきました😢 これからはもっと集中して世長くんの歌聴こう……!

そしてこの曲も根地くんの歌詞センス大爆発。『神の従事で 引きつれ起こした あたま』の部分とか特に、本当に聴くたびにすごい歌詞だな!?ってなります。

最後の高科パート『祈るは狂気』の歌い方すごく好きです……!そっと居なくなる感じ?がとても綺麗で美しいなと思います。

 


8.!!!ゴーストパーティー!!!

(歌唱 高科・睦実・根地・白田・織巻)

はい大好き〜〜〜!!!!!最初の効果音とか笑い声からもう全部好き!あと何より根地くんの歌と声が好き!!!!Aメロは言葉のはじめにアクセントが強く付く感じが凄く良いです……☺️

サビ前のメアリーとジェイコブのノリノリな感じも良いですね。

2番も最高でした……!1番ではハチポチ織巻くんとの掛け合いみたいになっていたところがシスターゴースト白田くんとになってますね。この曲は場面的なこともあってみんな楽しそうな声で歌ってる感じがするのが好きです。

ウシノコの話し声は割と低めだと思うのですが、そこからの楽しそうな『!!!ゴーストパーティー!!!』の歌唱がまず最高で、特に最後の『ヌンペデリベッロ-⤴️オ-⤴️』が狂おしいほど好きです…………!!!歌が上手〜!!高らかに歌い上げるウシノコたまらんです………😭

 

でもこの曲鳳くんにも歌って欲しかったです……🥺 ブクロー……🥺

 


9.オー・ラマ・ハヴェンナ おお、愛するハヴェンナよ

(歌唱 白田・立花)

また作詞の天才がおる〜!!どうやったらこんなお洒落な歌詞が作れるんですか……?サウンドも妖しいけど賑やかでめちゃくちゃお洒落!1番の歌詞は以前に単語とかを色々調べたことがあるのですが、2番の歌詞もしっかり考えてみたいです!

白田君の歌い方もすごくハヴェンナの町の雰囲気に合っていて素敵だなと思いました。さらっと歌ってる感じなのに歌の技術が半端なくてカッコいいです。さすがルキオラ!!!『我ら哀れなゲゼルシャフト』とか『神も斯くしてアブセンス』の語尾?歌い終わり?とかめちゃくちゃかっこ良くないですか!??

サビで加わってくる立花君のクールなジャンヌ声も好きです。最後の高音とか本当に綺麗!!!!

 


10.淡色

(歌唱 白田・立花)

この曲は聴くだけで冬公演を思い出して涙が出ます🥲二人の声もメロディラインも綺麗すぎて、感動が言葉で全然表しきれないです。

チッチとルキオラの互いを赦し合うシーンが思い浮かびますね……😭

『もういいよ』『泣かないで』の、2人の掛け合いパートが本当に好きです。その後『抱えよう、二人でさ 笑えるよ、いつの日か』でもう涙腺が崩壊します……。

この曲は今まで聴いた白田くんと立花くんのどの歌よりも優しい声に感じました。もし私がユニヴェール生に一つ質問できるとしたら、『淡色』を歌った時の気持ちについて聞いてみたいです。

 


11.懺悔室で激しく懺悔

(歌唱 根地・睦実)

今回のCDでの再生回数ぶっっっちぎりのNo.1です。

まあ理由はお察しだと思うのですが……。ドミナが最高すぎるので…………。

そして2番が……😭 2番が本当に最高すぎたので、前も書いたんですけど、改めて曲全体の感想書かせてください……。

 

いわれなき罪かぶり 罰が待つ夢を見た

けがれなき御心に この願い投げつけた

ちっとばかりしのばせた咎の色 贖罪の

祈りを 祈りを

踊れよ 踊れよ 

この曲全体に言えることなんですけど、本当に根地くんの綺麗な高音が大好きです……😭

最初の  いっわっれなっき♪ みたいな、スタッカート付いてる感じの2人の歌い方も楽しくて好き!根地くんが高音域をカバーしてるので低音の睦実くんとのバランスもすごく良くて。睦実くん誰と組んでも相手を綺麗に包み込んで合わせられる感じしますね。すごい!

 

懺悔室 踏み入れろ

そのカルマ見せつけろ

Criminal gi-gi-guilt

懺悔室 いざナウ

ついに罪 赦されて 

あなたこそ 愛と知る

lにまた 誘われて

同じこと くりかえす

くりかえされる

ていうか実は私この曲の歌詞の意味が未だに全然理解できてないんですよね……。誰が・誰に・何を思って歌った歌なのかがよく分からなくて。一回見ただけだと見落としてることたくさんあるんですよね……。ドミナの色気に心を奪われすぎて集中出来てなかったのもあります……反省。

ドミナと神父が歌ってる曲なので、2人の気持ちとかを表してると思ったんですが、『あなたこそ 愛と知る』の部分とか誰と誰の感情??ってなりました。神父とドミナってそんな関係だった??

冬公演もう一回観たら分かるのかな……。それとも誰か他にモデルがいて、全然違う意味が入ってるんでしょうか…………。

 

いうなれば灰かぶり 薄幸のシンデレラ

ともすれば丸かじり 紫の毒リンゴ

きっと私選ばれたミゼラブル 救済の

祈りを 祈りを

踊れよ 踊れよ

2番はドミナのこと歌ってるっていう認識をしているのですが大丈夫ですか……??なんだこの歌詞は…………。ドミナが悲劇のヒロインってことでいいですか……?シンデレラで白雪姫でmiserable(みじめで不幸).....。ドミナなんなの貴女は……😭!レミゼの原作とか読んでみたらいいですか.....?

ドミナの過去が気になりすぎるので『オー・ラマ・ハヴェンナ!』のドミナスピンオフ作品が観たいです😭 フギオーとかジレの話も気になりますが。

ドミナも若い頃はハヴェンナで苦労してきたのかな、とかそもそもドミナの生まれはどうなんだろう、とか。だからといってルキオラへの酷い態度とかが許される訳じゃないんですけど。彼女のバックグラウンドは色々想像がふくらみます。

 

懺悔室 駆け込もう

エゴイズム死の舞踏

Critical li-li-libido

懺悔室 いざナウ

カミホトケ そばにいて

いつだって エブリデイ

ヤオヨロズ あまねいて

だれだって 構わない

ここの歌詞をドミナと神父が歌ってるのヤバい?ですよね?? まず、神父はもちろんですけど、ドミナも懺悔室を訪れたりはするので、ハヴェンナの人は大体信心深いのだと思ってます。まあドミナとファキオは懺悔とは…?って内容でしたが……。いやでも神父も信心深いかって言ったら最後のアレもあるし作中懺悔聞いて踊ってるだけ?だしな……。何なんだこの街は……。

ともかく、ここでいきなり仏の存在が出てきたので驚きました。『神仏・八百万・だれだって構わない』……?やっぱりハヴェンナでの信仰なんて表面だけのもので、実際は誰でもいいから救ってくれ、と救済を求めているということなのかな……。

 

懺悔室たまらない 今日も

懺悔室止まらない また来た

自己愛は止まらない 赦されて愛されて

懺悔室止まらない 今夜また踊らせて

ドミナって懺悔室通いまくってたりするんですかね。劇中で急に神父とドミナが2人で歌い出した時結構びっくりしたので、もしも神父との交流がそれまでにも沢山あったなら2人で歌唱とメインのダンスになるのが自然に思えるかな〜と自分の中で納得できる設定を探しています。

ファキオと一緒に懺悔しに来たんだからファキオも歌って踊ろうよ……!!!と観劇中は思ってました笑

もしドミナが頻繁に懺悔室に通っていたとして、ドミナも神父自分のことしか考えていなくてお互いのことには全く興味がないっていうのもアリかなと思います。

 

アアーーーー!

なにもかも 赦されて 

自分こそ 愛と知る

lにまた 誘われて

同じこと くりかえす

やっぱりここの盛り上がりハンパないですね!!高音のシャウト最高に綺麗〜😭😭😭!!!!!立花くんとかの高音とはまた全然種類が違うんですけど、根地くんの高音はなんて言えばいいんですかね、「伸びやか」とか「高らか」って感じで聴いていてとても楽しいです。それでいて色気もあって本当に最高……。

ドミナと神父の関係性の詳細本当に知りたいです。神父が何歳くらいなのかによっても大きく変わってきそうですし。

普段考察とか全くできないので全部ただの妄想になるんですけど、もしもドミナが外の街からやって来てて、その時も神父がチッチの時と同じように純粋なドミナをハヴェンナに染めてたらどうしよう……!みたいな🥰 ことを考えました。まあそうなると神父今いくつだよ……となってしまったのでこれは私の中で没です。

ドミナはやっぱりハヴェンナ生まれの女なんだと勝手に思っています。チッチと違って自ら望んでヨモギ売りになったわけではなくて、でも生きるためにその道を選んで成り上がっていっていつしか街の王であるファキオに見初められ.....っていうシンデレラストーリーなドミナ過去編、どこかにないですかね。

でもドミナが手に入れた王子様ポジションのファキオにはすでに別の幸せがあったはずで、ドミナはそれをぶち壊す悪役側の存在になり、しかも最終的にその王子様とも裏切りあうことになるっていう……。ドミナには王子様も魔法使いも最初から現れていなくって、その結果の『自己愛は止まらない』『自分こそ愛と知る』なんですかね……。

ドミナのチッチへの態度は結構キツいし、ルキオラに対しては憎まれることしかしていないし同情もさらに憎悪を掻き立てているので、ドミナが酷い女だというのは事実だと思います。でもこれは私の希望と妄想でしかないんですが、もしかしたらルキオラにドミナが同情したように、ドミナにも誰かに同情されてしまうような過去があったのかもしれないな、と思っています。あとドミナはチッチを育て上げてたりポンタルチアを立派にしたりっていう有能で凄い女性だという一面もしっかりあると思ってて……ドミナに期待しすぎてますかね……。でもドミナの過去エピソード本当に知りたいです。

 

ここだけ異様に長くなってしまった……。また考察漁ってみようと思います。それはそれとして根地くんの高音が最高すぎるので毎日聴き続けようと思います🥰🥰🥰懺悔室最高!

あとボーカルOFFバージョンも欲しい!

 


12.Departure

(歌唱 立花)

立花くんの声綺麗…………。これを聴くと『央國のシシア』の始まりだなと感じます。『あさひで〜』の部分の声本当に透き通っていて素敵です。立花くん新人公演から凄く歌が上手だったけどユニヴェール公演の歌を聴くとそこからさらに怖いくらい上達していることが分かります。シシアに対しても感情が物凄く乗っていて役に寄り添っているというか、もはやシシアは立花くんなのではないかと思うほどでした。

劇中では披露されていなかった部分の歌詞も、シシアがキルツェに来るまでの道のりを思わせてくれて好きです。こんなに綺麗でまっすぐな声の持ち主が現れたら即キルツェに採用ですね。ユニヴェール公演もう一回行きたい……。普通にもう一回もっと細かいところまで隅々確認しながら観たいいし、記憶を消してからもう一回初めての感動を味わいたくもあります。

 


13.なかつくにのキルツェ

(歌唱 立花・高科・睦実・根地・白田・織巻・世長)

この歌のキルツェは本当にかっこいい!!まず最初のレヴィ!!!ユニヴェール公演の睦実くんの歌い方は流石レヴィといいますか、威厳があってめちゃくちゃかっこいいです。睦実くんの演じてきた役で1番好きかもしれない!更文くんと睦実くんのパートがあるのも最高です☺️

パート割は主に高科・睦実、根地・白田、織巻・世長の2人ずつで分かれていて、そこに立花くんが加わっていく感じになっていますね。立花君の声って一人だけ高いからすごく目立つんですけど、それでいて誰の声にでもスーっとなじんでいくのが本当に不思議です。

Cメロ?の『始まりは今』の白田くんがめちゃくちゃかっこいい声してて好きです……。冬のルキオラとも違った感じで。新人公演のトレゾールも最高すぎたのでまた今度詳しく!白田くんが組長でトレゾールの今期クォーツも期待しかないです……!

カルロの設定とか過去ももっと知りたいです。というかキルツェのメンバーは一人一人めちゃくちゃキャラが立ってるのでそれぞれの設定とかくわしく聞いてみたいな~!!

 

 

14.Quartz Anima

(歌唱 立花・高科・睦実・根地・白田・織巻・世長)

最初のオルゴールみたいなきらきらしたイントロが綺麗!何かが始まる…!っていうワクワクがどんどん高まっていく感じがします。

世長くんの入りがまずかっこよくて好き。そして次の『何か求めて 夢を描いていた』、この根地くんのパートも物凄く良くて。劇作家のクロウリーはずっとキルツェで『夢を描いて』いて、その後シシアに出会うことを想うともう……😭 希望に溢れた感じのする歌い方とそれにぴったりなメロディーが本当に好きです。

Aメロから順番にソロパートと見せ場があって、サビになると全員がまとまって声をそろえて歌うところがキルツェの国境公演にピッタリで本当にテンションが上がります。盛り上がりが胸アツ過ぎるのと同時に、今はこの後の展開を知っているので胸がいっぱいになって泣けてきちゃいますね……。

以前の記事でも書いたんですけど、本当にこの歌は2020年度のクォーツを表している曲だと思います。この曲もとにかく歌詞が良くて、歌詞の考察書かれている方もたくさんいらっしゃるんですが、過去の公演を振り返った内容とかが出てくるんですね。

『眠らずの日も 荒波の夜も』

『剣も銃も 燻る煙も』

らへんのパートとか。もうここの歌詞聴いただけで涙出てくるんですけど、私以上にクォーツ生のみんなにとって1年間の公演の一つ一つが本当に大切なものなんだろうな……って思います😭

 

 

15.Over the wall

(歌唱 立花)

シシア……😭😭😭😭😭

英語が超苦手なので、公演を観劇しているときは『Now, ”BREAK  THE WALL”』の部分しかすぐに意味が分からなかったんですけど、この歌も本当に歌詞が素敵です.....。

シシアの声から覚悟を決めているのがはっきり伝わって来ますね。Departureで立花くんの上達っぷりとシシアそのもの感が凄いと書きましたがこの曲も本当にそれで……。歌い方とか曲とか歌詞自体については最高っていう感想しか出てこなくて、私にはもう何も言えることがないので1番好きな歌詞だけ書かせてもらいます。

 

Oh, I will witness the landscapes through the wall

Should I still have eyes, I would see them...

ああ、私は壁を通り越してその向こうの景色を見る

私の目がまだ見えているのなら、 私は彼らに会いに行く……

 

 

日本語訳おかしかったらごめんなさい。『央國のシシア』という作品、これからもずっと大好きです。

 

 

 

  • 全体を通して

終わった〜!思ったより時間かかったし長くなっちゃいました笑。名曲しかなくて作詞も作曲も天才でした。根地黒門はやっぱり大天才。作曲の方についてももっと詳しくなりたいので今度色々聴いてしっかり勉強してみようと思います!

名曲しかないのにその名曲たちの感想を述べるための語彙力の無さに悲しくなりましたね……。織巻くんに対して歌が上手いしか言ってないですよ……。みんな知ってるよそんなこと……。でも織巻くんが上手すぎてそれしか言えないので………………。織巻くんあんなに元気ハツラツ!って感じなのにあんなに美声で高音も出てビブラートも美しいのズルくない!??天才!みんな知ってると思うけど!

もっと鍛えて〈すごい・上手い・最高・天才〉以外の言葉で上手に感動を表せるようになりたいです😂😂

 

アルバムを通しで聴くと、本当に2020年度のクォーツは立花くんが中心となっていたというか、とても重要なポジションを任されていたんだなあと感じました。

歌も全員最初からめちゃくちゃ上手だと思っていたんですけど、CDで一気に聴くと最初から上手なのがさらに上達していくのが凄くよくわかって驚きました……。ユニヴェールすごい😂  今後の進化も楽しみにさせてください……😂

 

個人的にはやっぱりゴーストパーティーと懺悔室が好きですね……。ドミナについてはまだまだ考えたいことがあるので歌詞の考察とかも自分でしてみたいです。朝から懺悔室キメると、ドミナについて考えてるうちに午前中が一気に乗り切れちゃうのでオススメです笑

あとは根地くんの歌声が本当に好きだと改めて思いました!ユニヴェール最後の年の根地くんの歌が音源に残るの本当に奇跡です……。どの歌も全部違って全部好き!!玉阪座でも舞台の真ん中に立って、あののびやかな声で高らかに歌う根地くんが観たいです。

 

こうして公演が終わった後に曲をもう一度聴けることが本当に幸せです。2020年度クォーツ本当に大好きだ……!!!!!ありがとうユニヴェール ありがとうU Storm……😭😭😭🙏🙏🙏 大事に大事に聴きまくっていきたいと思います!!!!

 

 

次回は新人公演レポか、もしかしたら玉阪座についての更新になると思います☺️

それではまた!

 

 

 

 

 

 

 

©Sui Ishida/BROCCOLI

 

 

※サントラとして紹介しているものは、実際にはユニヴェールコレクション特典の〈ジャックジャンヌボーカルコレクションゲームサイズVer.〉です。楽曲のフルサイズはまだ公開されてないです。早く聴きたいです。

 

また、ジャケット写真の項目の画像は公式サイトからお借りしています。

【当ページはブロッコリーオフィシャルサイト(http://www.broccoli.co.jp/)の画像を利用しております。該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。(C)BROCCOLI】

 

*1:学園祭:3年に1回開催され各クラスが短めの公演を行ったり子供向けのユニヴェール体験イベントが行われたりします。公演チケットは超プレミアで、収益は主に児童の為の寄付や支援活動に使われます。

*2:クラ合公演:クラス合同公演。ユニヴェールでは3年生になると4クラス合同カンパニーによる外部向けの公演が行われ、ここでの活動が3年次の単位や成績評価、玉阪座への推薦に大きく関わってきます。二つとも嘘です。

12/24 クォーツ冬公演観劇レポ

 

※この記事は架空のクォーツ冬公演観劇レポです。

ネタバレと嘘しかないのでご注意下さい!

 

 

オー・ラマ・ハヴェンナ!!!

 

 

どうもこんにちは!久しぶりに観劇レポを投稿させていただきます。今回は12月24日の、ユニヴェール歌劇学校冬公演の観劇に行ってきました〜!

 

チケット取れて本当に良かった…………。秋公演はチケット取れなかったので本公演はざっと半年振りくらいの生観劇となりました。

本当にチケット戦争弱いオタクだからユニヴェールのファンやるのきついですね……。学外公演とかも行けるやつは全部行ったけどそんなに回数あるものじゃないし。ずっと言ってるけどライブ配信とかしてほしいです。ユニヴェール〜!検討頼む!!

 

  • 劇場周辺について

今回開演まで時間がなかったのであまり玉阪に出てるフラッグとかポスターとかの、劇場周りの写真撮れなかったです😭 撮れたやつ載せていきます!


f:id:mik_0809388:20210404074050j:image

 

天気予報は雨だったんですけどめっちゃ晴れました!いいクリスマスイブです☀️

 

f:id:mik_0809388:20210404093414j:image

 

まずロビー入って右手のお花コーナー。玉阪座彦役の髙木さんを初め玉阪関係者からも沢山、玉阪の商店街や交流があるらしい東京の劇団からもいくつか届いてました。今年は例年より多かった気がします。

 

f:id:mik_0809388:20210404084328p:image

 

終演後ロビーに飾られていたパネルです。写真撮るの大変でした〜!早めにホールから出たんですけど15分くらい並んでやっと人いない写真撮れた笑  今回のポスターはビジュアルが映ってないので舞台衣装の写真は貴重ですね。大きいサイズで根地くんが見られたので最高でした。

  • グッズ

パンフレット(2000円)

オリジナルフォトセット全8種(各600円)

A2サイズ公演ポスター全4種(各1000円) 

ユニヴェールトートバッグ(1600円)

といういつものラインナップに加えて、


ランダムボールペン

(1人2個まで、1個1000円)
っていう新商品が登場してました。こちらの商品は黒い外袋に入っており、その中の箱がユニヴェール生の顔入りで、ランダムになっていました。中身は今までも売ってたユニヴェールボールペンと同じです…………。


f:id:mik_0809388:20210404074442j:image


まんまと二つ買ってしまったのでユニヴェール商売上手だなとしか言えませんね。でも推しの根地くん自引きできました!!もう一つは世長くんでした!ボールペンもちゃんと使おうと思います笑

 

f:id:mik_0809388:20210404075530j:image


これはフォトセの立花くんと世長くんなんですけど、この2人に限らずみんな夏よりも色々な面で成長感じました〜!身長とかも伸びてそうです。
パンフレットとクォーツのフォトセだけ買おうと思ってたんですけど、根地くんのドミナ(後述します)が最高すぎてポスターも買っちゃいましたね…………。

クソでかいけど壁に貼ってます後悔はしてません……。持ち帰るためにユニヴェールトートバッグ買う羽目になりました。2枚持ってるのに。これはいらない出費でしたね…………。
欲を言えばメインキャスト個人のフォトセットもほしいんですけどやっぱ難しいのかな。

 

f:id:mik_0809388:20210404074711j:image

f:id:mik_0809388:20210404074739j:image

 

今回のパンフは水色の表紙でした。いつも通りポスタービジュアルと劇中歌の歌詞くらいしか載ってないやつだったんですけど、これは毎回歌詞とスタッフクレジットの根地黒門を確認するためのものなので必要経費です。今回も脚本から作詞までやってましたね!!マジ才能ありすぎる!公演ポスターも雰囲気あって好きです。

売り切れがなかったのは良かったです。立花継希がいる時って毎回フォトとか売り切れあった気がする。まあそこから在庫増やすようになったのかもしれないですけど。

 

 

  • 劇場内について

時間ギリギリだったけどプレゼントとお手紙は開演前にプレボに突っ込んできました笑!でもプレゼントの方がネタ切れすぎて、今回は一周回ってド定番入浴剤とめぐリズムです…………。消耗品やっぱ贈りやすい。次回はもう少ししっかり考えたいです。未成年にアレなのはわかるんですけど、ユニヴェールもはや金券贈らせて欲しいです。スタバカードくらいなら許して欲しい。

 

今回も結局入口での本人確認はなかったです。ランダムで身分証提示求められてたみたいですけど、一階の上手の方ざわついてたらしいのでもしかしたら連れて行かれた人いたのかも。転売対策は確かに大事なんだけど、お願いだから配信してくれ…………。

 

f:id:mik_0809388:20210404074818j:image


座席はこのあたりでした。もっと近くで見たいとか思うけど、マジでチケット手に入っただけで大感謝です。でも真ん中より後ろだったのに今回双眼鏡を忘れるというミスを犯してしまいまして………。玉阪駅のビッグカメラで双眼鏡は現地調達してきました……。時間がなくて適当に選んでしまったのが残念です。店員さんとかに色々聞いてみればよかった。

 

f:id:mik_0809388:20210404075030j:image

 Nikon 双眼鏡 アキュロンT02 8x21 ダハプリズム式 8倍21口径 レッド ACULON ACT028X21RD

 

 

前々から軽めの双眼鏡も一つ欲しかったのでこれもまあ必要経費ということで。劇場内でオペラグラスレンタル出来るようにならないかな。店頭で5000円しなかったのでどうかな〜と思っていたんですが、軽くて腕が疲れなかったので思ってたよりはよかったです!明るさもまあまあ。

でもユニヴェールもデジチケになりましたし、席運ないので防振双眼鏡はちゃんと毎回持っていくようにしないとですね。2階席1番後ろとかになった時が怖いので。欲を言えばVixenの新しく出た軽量モデルが欲しいです。

 

f:id:mik_0809388:20210404210317j:image

今年の冬公演はクォーツ→ロードナイト→オニキス→アンバーの公演順でした。今回は取り急ぎ推しクラスのクォーツのレポだけお送りします。
田中右くん不参加とかいう結構重大事件あったし、他クラスについてのレポも後でまとめたいと思います…………!

 

  • あらすじと感想

以下感想メインのあらすじです。詳細なあらすじは凄く分かりやすいものを書いている方がいるのでぜひそちらをお読みください〜!

 


クォーツ冬公演

『オー・ラマ・ハヴェンナ』
      2020年12月24日(木)10時開演

             ユニヴェール劇場

 

f:id:mik_0809388:20210404093432j:image

クラス名とタイトルコールは多分白田くんでした!


 舞台は欲望と快楽の街ハヴェンナ。そこに大きな川を渡ってチッチ(立花希佐 Aj)という少女が現れる。ハヴェンナの神父(睦実介 j)は無垢で清らかなチッチに本当にこちら側へ来るのかと確認する。チッチはもちろんと頷き、神父を引っ張り踊り始める。

 場面変わってハヴェンナの歌小屋。そこで働く歌手のルキオラ(白田美ツ騎 Aj)。

♪【オー・ラマ・ハヴェンナ! おお愛するハヴェンナよ】(歌唱 白田・立花)

ルキオラは親友のチッチに笑顔を見せる。ルキオラは潔癖な少女で歌小屋の匂いが分からないから鼻詰まりでよかったと話す。

冒頭いきなりチッチと神父のダンスシーンがありました!睦実くん寡黙な感じが似合いますね。最初照明が凄く暗くて、スモークもめちゃくちゃ大量に焚かれてたので立花くんの顔があまり見えなかったんですけど、松明を持っている神父と踊り始めた瞬間、チッチの顔にライトが当たる演出が素敵でした。

 

一曲目の歌唱は白田くんメインでコーラスに立花くんでした。公演中は歌詞がちゃんと聞き取れなくて後からパンフレットで歌詞を確認したら、英語かと思ってたところが漢字だったりして驚きでした!え、おしゃれ…………!作詞はやっぱり根地黒門ですね、すごい。


はじめはピンスポットで歌ってて、段々店の中に沢山人が増えてルキオラが囲まれて行くのが庶民に人気の歌姫って感じがして良かったです。白田くん流石でさらっと歌ってる風なのにめちゃくちゃに上手でした。

 

 チッチとルキオラはヨモギ売りを避けて街を歩く。偶然アガクラブのプリンケプス(表記合ってるか分からないです😭多分劇場のスターみたいな意味)のフギオー(世長創司郎 j)が女に追われている所に出会い、それを助ける。フギオーはお礼に2人をショーに招待する。ルキオラは舞い上がるがチッチは微妙な表情。ルキオラと別れるとポンタルチアのボーイ、ジレ(織巻スズ j)が近づいてくる。

 ポンタルチアという店にてフギオーがチッチを訪ねる。チカチーナ(=チッチ)はヨモギを焚いてフギオーの服を脱がせ、後ろから腕を回し首を絞め落とす。ヨモギ売りとはハヴェンナの眠れない男たちを失神させる職業なのだ。フギオーはいつかチッチをハヴェンナの外へ連れ出すとチッチに告げる。

この辺からハヴェンナ語?みたいなのが出てきたので、意味は伝わるけど表記のわからない単語増えます!フギオー、後でまた書くんですけどめちゃくちゃかっこよかったです…………。衣装とかも凄く派手だし去り際にウインクまでしてたし!


この辺のルキオラは夢見がちな少女って感じでウキウキしてる白田くん可愛かったです。ジレは凄く陰気な感じの青年で、まさか織巻くんがやるとは思えない感じの役でした。

 

ヨモギ売りって言う職業は途中まで多分観客全員がこれ18歳以下の学校でやって大丈夫なやつ…?って思ったと思います。ポンタルチアのセットけばけばしい金と赤基調なのに加えて照明もピンクとか紫で、めちゃめちゃエッチなんですよ。ベッド近くに服とか脱ぎ捨ててあって。そもそもベッド置いてある個室に男女2人って、よくユニヴェール側も脚本通したな…………と思いました。


チッチが後ろから本当に恋人みたいな感じで迫っていって、えっやばくない!?ってなった瞬間にフギオーがすごい声で失神したので凄く驚いて気が抜けました笑。そこまでは会場が若干ざわつくレベルに色気のあるシーンで、1年生なんて信じられないくらい2人ともセクシーでした……。チッチの表情とか16歳男子にできるものじゃないよ…………。

 

 ジレとチッチが話していると店主のファキオ(鳳京士 j)と愛人のドミナ(根地黒門 jan)が現れる。稼ぎを渡しながらチッチをいびるドミナ。ジレはチッチにハヴェンナで何がしたいのか問う。

 場面が変わりファキオとドミナが懺悔室を訪れ神父に強欲を懺悔する。神父は神に感謝し踊れと伝える。
♪【懺悔室にて激しく懺悔】
(歌唱 根地・睦実 ダンス 根地・睦実・高科・白田・織巻・世長・立花)

ファキオとドミナが腕組んで登場した時マジでビジュアルにビビりましたね!髪の毛撫でながら喋るの悪女感すごかったです。

 

2曲目はダンス曲だったのですが、歌唱は2人でした。円形からのV字とかフォーメーションの移動が多くて見ていて楽しかったです。円形の中心で叫ぶドミナ😭

 

久しぶりに聴いた根地くんの高音が最高で、睦実くんの低音とも相まって迫力ありました。ダンスも根地くんが結構センターで、ドミナ胸めっちゃ盛ってて際どい衣装だったんですけど普通にガシガシ踊ってたのも良かった〜!

 

 フギオーのショーを見にきたルキオラとチッチ。チッチは花束を受け取る。その後2人はいつものように店員のミゲル(高科更文 j)と話す。ルキオラはハヴェンナの外へ行きたいと語る。ルキオラが席を外すと、ミゲルはチッチがヨモギ売りをしていることを正直に話した方がいいと述べるが、チッチは嫌われたくないからと拒否する。

 ポンタルチアに再びフギオーが訪れる。チッチを怒らせてしまいジレが割って入るがチップをやって黙らせる。思い悩んだジレは懺悔室でドミナに取引を持ちかける。

 歌小屋にチッチ、ルキオラ、ミゲルが集う。ルキオラは鼻詰まりが回復しつつあり、チッチのヨモギの匂いに気が付きかける。

 通りでルキオラがドミナとぶつかり言い合いになる。ルキオラはファキオの娘で、ファキオに捨てられたルキオラの母は亡くなったのだ。ドミナにチッチはヨモギ売りだと言われるがルキオラはそれを信じたがらない。

フギオーのショーもっと見たかった〜!!!え、一曲世長くんのソロあっても良かったんじゃない!?ワンフレーズ歌って終わったのでもったいなかったです😭 ワンフレーズでも歌上手でした。

お客さんのジャンヌたちの歓声とかノリ方も凄くてフギオーマジで大人気スターでした。ターンとか決めポーズとかはなんかマイケルジャクソンみたいな感じ?

お客さんに向けてウインクとかお手振りすっごいしてたのでもう少しショーが長かったらフギオーの投げキスが見れたかもしれないのに…………。


フギオー2度目の来店シーンはチッチが膝枕してました。ショーの時とは違って、膝枕されながら低めの声でチッチを口説きにかかるフギオー…………やばい。前回の来店と同じく会場の空気がざわつきました。1回チッチの髪が顔に当たるくらい顔と顔が近づいたのでそのままキスシーンあるのかと思いました。

 

ルキオラとドミナの喧嘩シーンは迫力がすごかったです!後一歩で手が出そうなくらいで引っ掻いたりしだすんじゃないかと思ってヒヤヒヤしました。周りの群衆が取り囲んで2人の喧嘩をめっちゃ覗き込んでるのは面白かったです笑。ハヴェンナ語の悪口はなんて言ってたのか忘れちゃいましたね…………。ドミナは凄くムカつく女でした。煽り方が本当に胸糞悪い態度で、レスバ最強って感じ。美人だけど。

 


 ポンタルチアでファキオがチッチに愛人にならないかと尋ねる。その後ポンタルチアに訪れたルキオラはチッチの下に憧れのフギオーが訪ねてくる所を見てしまう。チッチが正直に話すとルキオラは二度と近づくなと走り去る。悲しむチッチの手を取りフギオーもまた駆けていく。

 懺悔室でチッチが懺悔しているとミゲルが現れる。ミゲルはハヴェンナを去ると言い、ルキオラに告白し一緒に来ないかと誘う。

 ポンタルチアでファキオとドミナが言い合いになる。ドミナはチッチが邪魔だと述べファキオを絞め落とす。その後店が違法だとバレポンタルチアは無くなってしまう。

 湖岸に着いたフギオーとチッチ。そこにナイフを握ったジレが追いつく。フギオーとジレはチッチにハヴェンナを出るように言うが、チッチはそれに従わずハヴェンナへ戻っていく。

 通りを泣きながら歩くチッチの耳にルキオラの歌が届き、歌小屋の中でチッチはルキオラに謝る。ルキオラはミゲルとの会話で1番大切なのはチッチだと言うことに気づき、全てを赦した。

♪【淡色】(歌唱 白田・立花)

 ルキオラはチッチになぜヨモギ売りになったのか尋ねる。それにチッチはただそうしたかっただけと答える。2人はそれからもハヴェンナで暮らしていった。 

 数日後、路地裏のチッチの下に神父が現れる。神父は眠れないと言い、チッチはヨモギでも焚こうかと応える。(終わり)

ルキオラがチッチを赦すシーンからの「淡色」、もう涙が止まらなかったです…………。白田くんの微笑みと声が優しすぎて。歌詞も素敵でした。セットは歌小屋のままなのに2人の空気感と照明で天国に見えた😭

クォーツのダブルアルジャンヌって初めて見たんですけど、言葉にできないくらい良かったです。白田くんはもちろんですが立花くんも夏より歌がすごく上達していた気がするので、もはやダブルでトレゾールにもなれちゃうのでは、と思いました。

 

最後のチッチとルキオラの会話での「ただヨモギ売りがしたかったの」みたいなセリフなんか意味深?な感じだったんですけど、どういうことなんですかね……。考察勢の方々をお待ちしたいと思います。下賤とされる職に就きたいなんてよっぽど事情があるか、完全に嘘じゃないかと思うんですけど、ここまで来てチッチはルキオラに嘘をつくのか…?とも感じたので。

本当のことだったとしたらチッチはハヴェンナの外で生まれてるから、彼女の出自とかも関係あるのかな?

 

ラストの神父のシーンは、結局神父もハヴェンナの男だったってことでいいんですかね。このシーンいる!?って正直なったんですけど、このとても短いシーンがあるからこそ神父はキャラが強くなってるし物語もハッピーエンドな雰囲気で終わらないから、深み?みたいなものが出ているのかも!と思いました。凄く考えて作られているんだろうな。チッチがヨモギ売りを続けていることを、ルキオラが知っているかどうかが気になります。


結構長くなってしまいましたが大体あらすじはこんな感じです。メモしきれなかったことも結構あったので抜けとか間違いあったらごめんなさい〜。本編はもっともっと面白かったです!!

 

 

  • 各登場人物について

チッチ(Aj)
 立花くんのチッチめっちゃ可愛かった〜!結構喋り方とかは中性的な感じだったんですけど、裏ではヨモギ売りをやっているのにルキオラに嫌われたくない!ってなってるとことかめっちゃ可愛らしい女の子だなと思いました。いやでも最後とか妖しい雰囲気ダダ漏れだったので掴めない女だ、とも感じました。号泣シーンは本当に心を打たれるというか、チッチが心から泣いているのが伝わってくる感じ。大声での慟哭って難しそうだけど凄く自然でした。
 衣装は凄く透け透けで肩とか腕見えてたけど細くてマジで女の子みたいでした。ユニヴェールすごい…………。頭に触覚みたいなの付いてたし、モチーフは蝶とかなんですかね。チッチの髪がピンク、ルキオラの服装が水色系だったのでキキララみたいで2人が一緒にいるシーンが終始可愛かったです。
 夏、秋とジャックでしたがこれからはジャンヌで行くようになるのかなぁ。ジャックの立花くん生で見たことないのでそれも見たいけど、またアルジャンヌの立花くんも見たいです。

 

ルキオラ(Aj)
 白田くん今回アルジャンヌだったんですけど、失礼だったらごめんなさい、彼こんなに演技上手だったんですね…………!知らなかった!歌が上手いだけじゃなくルキオラの聖母のような優しさが伝わってきました。チッチとルキオラの仲直りのシーンと『淡色』マジでめちゃくちゃ泣きましたね……。声が優しすぎる。
 本当に美しい少女にしか見えなかったです。立花くんもめちゃくちゃ女の子だったんですけど、これはやっぱり先輩の白田くんの方が少女に見えた気もします………。男だなんて信じられない。いやでも甲乙つけられないダブルアルジャンヌでした!
 白田くんこういうのハマり役なんですかね?もっとクールなイメージだったので、天真爛漫で優しくてかわいいみたいなルキオラがこんなにハマるなんて予想外でした。表情と機嫌がコロコロ変わるのも可愛かったです。次も演技シーン多い役で見たいな!

 

ミゲル(j)
 高科更文のジャック!!!!これ映像に残らないのマジで人類全体の損失だよユニヴェール!!配役発表の時から話題になってたし、観客側からの期待値もめちゃめちゃ高かった感じですけど、そんなものは遥かに超えて来ましたね。
 言っちゃえばホスト?の色男だったんですけど、さすがの高科更文色気も上品で動いても喋ってもかっこよかったです…………。白スーツに黒い羽背負って赤い革手袋って…………。あとこの公演全体に言えることだけど派手な職についてる人が多いから舞台メイクがいつも以上にギラギラでよかったです。ラメが凄かった。ハヴェンナを去るときのミゲルが小さい方の鞄をジャ◯ーズ持ちしてたのもかっこよかった。あとはミゲルのショーがあったら完璧でした。
 これで初めてのジャックなの信じられないです……。やっぱり天才でしたね高科更文。卒業まであと2公演のここにきてチャレンジャーだなとは思いました。
 一緒に行った私の友人がカイフミペアが好きだったのでそこは結構落ち込んでましたね。高科更文のジャックもっと見たいけどやっぱり卒業公演でカイフミペアも見たいです。

 

フギオー(j)
 世長くん!!!秋公演の熱演で生まれ変わったってすごく話題になってたのでどんな演技をするのか気になってたんですけど、秋の噂の怪演って感じではなくて、とにかくカッコいいハヴェンナのプリンケプスでした。マジでかっこいい。
 新人公演の掃除番役とか夏公演のカンナちゃんって、かわいいけどそんなに印象的なシーンなくって、ジャンヌ役にしては背高いなとか思ってたけど、世長くんすごく成長してました。スターだけど暗いところもあるフギオーの姿が優しい男の子って印象だった世長くんと重ならなさすぎて。
 チッチとのアプローチシーンもすごくドキドキしました〜!彼あんな表情できるんですね!気怠そうな流し目が最高でした。前列上手で流し目浴びて〜!!その分絞め落とされた時のズッコケ感もすごかったけど笑
 アイメイクがイエロー基調なのがオシャレで可愛かった!あれイケメンしか似合わないやつですね。髪はガチガチに固めた感じなのがまたかっこよくて、衣装も細身のスーツも脚が長いので凄く似合ってました。赤いマント?をショーの時に翻してターンしてたところもう一回見たいです。

 

ドミナ(jan)
 ドミナマジで綺麗だった…………!ビジュアル大優勝でしたね。あんなドレスずるいでしょ。特に胸…………。あれってシリコンとかのやつ?私の距離だと自前で生えてる胸にしか見えなかったです…………。ロングブーツとか手袋?アームウォーマー?みたいなやつとか、もふもふのスカート部分とか。全部良かったです。髪もストレートのロングでめっちゃかわいいし赤のアイシャドウも映えてました。今までの根地くんの役の中でビジュ1番好きかもしれないです………………。あとウシノコの時もなんですけど片目だけ装飾とかメイクするの最高にかっこいいですね。いつか眼帯とか着けて欲しいな〜!
 チッチが、ドミナさんは綺麗だけど若くないみたいなこと言ってたと思うんですけど、ドミナが綺麗すぎて説得力なかったです笑。喋り方とかでまあ結構歳いってるのかな〜と感じました。
 ドミナは歌唱シーンでもすごく目立っていて、上でも書いたけど懺悔室の歌が本当に最高でした…………。高音の伸ばしが本当に綺麗で😭ダンスは神父とペアでイナバウアーみたいに上体を逸らして上を見上げる振りが多かったんですけど、これもしなやかで素敵でした。ヒールのついたブーツで踊ってたのですが(もし見間違いだったらごめんなさい…)、あれだけ踊れるのはやっぱりすごいですね。
 ドミナは言ってしまえば典型的な悪女の役だったので、根地くんの最高のビジュアルがなかったらこんなに刺さらなかったかもしれませんが、嘘を付いている人ばかりのハヴェンナで、割と自分に正直に生きている彼女はシンプルにすごいなとは思いました。

 

ジレ(j)
 織巻くんのこんな陰気な役見ることないと思ってたのでびっくりしました。こんなのもできるんだ〜みたいな。快活なイメージが完全に消えてて誰かわかんないくらいでした。
 ジレはメイクも薄くて装飾品とかもなくて、ほかの登場人物に比べて見た目からして影が薄いのに、ナイフを持ってフラッと現れたシーンで一気にキャラ立った感じしましたね。下手セットの影から無言で登場したの、一瞬気付かなかったので本当に怖かったです。めちゃくちゃメンヘラな男…………。目が虚ろですごく怖かったです。あと織巻くんの長髪も良かったです!襟足の長い男好き!
 織巻くん意外と演技の幅あるんだなと思いました。やっぱり今回の配役って色々挑戦してるんですかね?織巻が暗い役極めてるのも見てみたいです。

 

ファキオ(j)
 鳳くんまた濃いキャラやってましたね!前回の秋公演のパンフレット見たら顔写ってなくてびっくりしたので、顔出てて良かったね!ってなりました。いやでも秋の役めっちゃ可愛かったと聞きました…………。顔見えてなくてかわいいって逆にすごくない?
 結局最後まで親子であるファキオとルキオラの会話が無かったので聞いてみたかったです。でもあの感じだとルキオラは口も聞きたくないですよね。
 ファキオはドミナのこと捨ててチッチに乗り換えようとする最低男だったのでドミナが絞め落とした時気持ちよかったです。ドミナも酷い女ですけど。

 

神父(j)
 めちゃくちゃ出番もセリフも少なかったので故障とかかと思ったけどそういう訳ではないらしいです。ひとまず安心。いきなりのカイフミペア解散となんか関係あるんですかね。
 それでも睦実くんやっぱり演技がうまくて、最初と懺悔室での歌唱と最後くらいしかしっかりした出演ないのにちゃんと印象に残ってました。その辺はさすが76期のジャックエースというか。
 神父の衣装は逆十字のロザリオみたいなのついてました。なんか意味とかあるのかな。あと今まで見た睦実くんの中で髪型1番好きでした。前髪長めマッシュみたいなヘアスタイルかっこよかったです!大学生にいそう。

 

アンサンブル

 今回の舞台は結構ハヴェンナの民衆にもセリフが多くて、フギオーのショーのお客さんとか印象に残りました。最初にフギオーの追っかけしてるジャンヌの子の演技がめっちゃ面白かったので後で誰か確認しておきます。髪振り乱しすぎて顔見えなかった笑。秋公演もアンサンブルの出番多かったのでやっぱり観たかったです……。77期の大西くん前々からかっこいいお顔だと思ってたんですけど、今回声の通りとかコメディ部分の民衆の演技も良かったのでそろそろメインキャスト来るんじゃないかと期待してます。

 

 

  • 賞について

f:id:mik_0809388:20210405063247j:image

個人賞、クォーツ生が3学年とも金賞でした!初めて見た!すごい!!

白田くん初めての個人賞らしいのですがあれは本当に納得です。田中右くんが出てても銀か、もしかしたら金いけてると思います。立花くんもアルジャンヌ素敵だったし、世長くんも夏とは別人みたいだったし!高科更文はジャックでもいけるし、しかも初ジャックで金賞取れるの本当にとんでもないですね…………。根地くんも今回見せ場多いし演技も歌もダンスも最高だったので流石です!おめでとう!!

 

 

  • まとめ

書き起こしてみると結局チッチとルキオラの喧嘩と仲直りの話なので思ったより素朴な物語に感じるんですけど、全然そんなことなくて盛り上がりも各登場人物の見せ場も存分にあって、めちゃくちゃ面白かったのでやっぱり根地黒門って天才だな…………って思いました。


配役についてはなんか今回攻めてるなという印象を受けました。来期のクォーツはメインキャストを務めていた3年生が3人抜けるわけで、その穴って他のクラスと比べても大きいと思うんですよね。それこそアンバーなんて組長の田中右くんは2年生だから安泰間違いなしじゃないですか。だから今回の公演は今までと違う方向性の役を色々やって下級生を育てる配役だったのかな〜なんて。いやでもそんなやり方だとクラス賞なんて取れないか。


1年生もすごかったしクォーツの来期にも期待しちゃいますね!3年生の卒業は辛いのでまだあんまり考えないようにしてます………。気持ちが落ち着いたらユニヴェールの根地くんを振り返る記事書きます笑!

 

全然まとまりきらないんですけど、とにかく凄く良い舞台でした!ハヴェンナの快楽の街の気だるい雰囲気が好みだったのと、チッチやルキオラの演技に泣かされっぱなしだったので、結構自分の中で好きな公演になりました。

 

今回の配役の感じだと最終公演がどうなるのか全然予想が付かないですが次もどうにかチケットを取りたいと思います…………!根地くんのユニヴェール最後の公演なので…………😭個人的には今回のアルジャンヌの2人がとても素敵だったのでどちらかがまたアルジャンヌになるのではと考えてます。立花くんアルジャンヌ、白田くんトレゾールの配役いいんじゃないかな!そうなるとジャックエースは高科更文か睦実くんかな〜と思います、が私は根地くんのアルジャンヌもジャックエースも見たいです!!!

 

次回他クラスのレポあげる予定です!それではまた!

 

 

 

©Sui Ishida/BROCCOLI

 

※ボールペンの箱→フレグランスの箱、パンフレット→ユニヴェール版特典ビジュアルアートブックとCDの歌詞カード、フォトセット→アニメイトの特典ブロマイド、歌劇場と公演ポスターはゲーム内スクショ、座席表は帝国劇場のものです。他クラスの公演は有名タイトルお借りしてますごめんなさい!

 

「オー・ラマ・ハヴェンナ」の歌詞について色々

 

ジャックジャンヌ劇中歌『オー・ラマ・ハヴェンナ おお、愛するハヴェンナよ』(作曲小瀬村晶・作詞石田スイ)の歌詞中で分からない単語を調べたりそれっぽい意味を考えてみたりしたメモ📝

 

煌々と燈る 街のランプのポロック

ポロック これ造語?存在する言葉?ググったら最初に出てくるのは抽象表現主義の画家ジャクソン・ポロック。作品は絵の具を飛び散らせた斬新なものなど。まさかポケモンポロックじゃないのでランプの光くらいの意味でいいかな…?

 

いなげな坡璃内 フラストレイトをロビング

いなげな 広島・愛媛辺りの方言。変な、おかしい、普通ではない

坡璃内 玻璃→水晶やガラス 内→中 ぱりない→party night

フラストレイト 動詞のfrustrateだと挫折させる、欲求不満にさせるの意味になるけど、ここではfrustration(欲求不満)の意味でとっても大丈夫そう??

ロビング サッカー・テニスなどでの高く緩い弧を描くような打球のこと。ロブ。

 

駄馬駄馬 駄々った トんで火にいるアウト郎

トんで火にいるアウト郎 飛んで火にいる夏の虫のもじり、トぶ→トリップする・正気を失う、アウト郎はそのままアウトローだと考えられるので、正気を失って災いの中に飛び込む無法者・ならず者の意。

 

パラダイム 我ら哀れなゲゼルシャフト
(ラマ・ハヴェンナ!)

ここよく分かんなかった!

パラダイム 現代の意味では、ある時代に特徴的な思想、価値観。または常識といった意味に解釈が拡大されている。パラダイムシフト→常識の劇的な変化。

ゲゼルシャフト 利益社会。利害の一致に基づいた関係。音としては下賤者とかのダブルミーニング?ってやつかなと思いました。

 

からからり ゾウトロオプ
魔は回る 幻像がゆれる

ゾウトロオプ 回転のぞき絵。ゾエトロープとも。あたかも動いているように見えるが本当は停止している。漢の発明家が発明した回り燈籠(走馬燈)が元だと考えられている。

 

中身の痛み(いたみ)は蜃気楼
生身が世界を擦るだけさ
Dance up and down as you know 
da da bee doo dooo
宵に身あずけて 謳えハヴェンナ

中身 心?

蜃気楼 錯覚のようなもの

謳う 多くの人が口を揃えて褒め称える

 

だばだば だだったら だだら
だばだば だだったら
茶々茶々っ葉 茶っ葉や 茶葉や
茶々茶々っ葉 茶っ葉や
(ラマ・ハヴェンナ!)
ぐるぐるり にんげん木馬
魔が間貸し まほろばは続く

にんげん木馬 ゾートロープの人間版?人間も活動しているように見えるがぐるぐる回っているだけで止まっている?? 個人的には人間椅子みたいな響きで気持ち悪いと思った。

 人を惑わすもの

間貸し 代金をとって部屋を貸すこと

まほろ 素晴らしい場所、住みやすい場所、楽園、理想郷

 

あしたの悼みは蜃気楼
端から世界は塵とsmoking
Dance up and down as you know 
da da bee doo dooo
宵に身あずけて 謳えハヴェンナ

悼む 人の死を悲しみ嘆くこと=(心の)痛み

 

段々堕落 明日you know?
堂々 美馬々
痛み(やみ)が褪めるまで 謳えハヴェンナ

病み 病む→病におかされる、傷が痛む、心を悩ます

痛みが褪める 痛み(いたみ)、悲しみが消える=正気じゃなくなる??

↑は自分で考えたやつだけど、イオン先輩によるとそのまま病んだ心が癒されることでいいっぽい

 

 

 

難しい単語のはこのくらいだと思うけど、パラダイム〜辺りとゾートロープの解釈?とか特に分からなかったです🙅‍♀️

曲も歌詞もおしゃれで、語感も良くて小瀬村さんとスイ先生と根地先輩が天才なことはめちゃくちゃ理解した……。同じ冬公演の歌でも淡色と懺悔室とハヴェンナで方向性全然違うの凄いし、言葉遊び感満載おしゃれソングで欲望と快楽の街ハヴェンナの雰囲気を表し過ぎてる。すごいしか言えない😂

全体の訳もしてみたけど全然しっくりこないところがあるので他の方の解釈も読んでみたいです!オー・ラマ・ハヴェンナ大好き!!!

 

 

 

↓全体訳

煌々と燈る 街のランプのポロック
街のランプの光がきらきらと輝いている
いなげな坡璃内 フラストレイトをロビング
今日は奇妙なparty night 欲求不満はどこかへ飛ばそう
駄馬駄馬 駄々った トんで火にいるアウト郎
ならず者はおかしくなって自ら危険に飛び込んだ
パラダイム 我ら哀れなゲゼルシャフト
(ラマ・ハヴェンナ!)

宴なんてこんなもの 我らは哀しいことに、互いに利益を求めた集まりに過ぎないのだ
(ハヴェンナを愛せよ!)
からからり ゾウトロオプ
魔は回る 幻像がゆれる
ゾートロープは回って見えるだけ 人を惑わす者も幻も、一緒に回っているみたいだ
中身の痛みは蜃気楼
心が痛むのは錯覚のようなもの
生身が世界を擦るだけさ
体が世界と摩擦を起こしているだけだ
Dance up and down as you know 
da da bee doo dooo

体を上下に揺らして踊ろう、君が知っているとおりに
宵に身あずけて 謳えハヴェンナ
夜の始まりにその身を預け、みんなでハヴェンナを讃え歌おう
だばだば だだったら だだら
だばだば だだったら
茶々茶々っ葉 茶っ葉や 茶葉や
茶々茶々っ葉 茶っ葉や
(ラマ・ハヴェンナ!)
ぐるぐるり にんげん木馬
我ら人間もゾートロープのように同じ場所をぐるぐる廻り続けている
魔が間貸し まほろばは続く
人を惑わす者が居場所を与え楽園(≒ハヴェンナ?)は続いていく
あしたの悼みは蜃気楼
これから誰かを失うことがあっても、その悲しみさえ錯覚かもしれない
端から世界は塵とsmoking
最初からこの世界は塵と煙のような掴めないものだ
Dance up and down as you know 
da da bee doo dooo

体を上下に揺らして踊ろう、君が知っているとおりに
宵に身あずけて 謳えハヴェンナ
夜の始まりにその身を預け、みんなでハヴェンナを讃え歌おう
段々堕落 明日you know?堂々 美馬々
段々堕落していく未来があることを君は分かっているか?
痛みが褪めるまで 謳えハヴェンナ
この痛んだ心が癒えるまでハヴェンナを讃え歌おう

 

 

私の雑な解釈なので間違いなど多々あると思います、ご了承ください!変なところご指摘貰えたら嬉しいです!!

まだイオン先輩の休日に通い詰めてないのでイオン先輩のもとで勉強してきます。

多分ちょこちょこ書き直すやつです。

 

©Sui Ishida/BROCCOLI